パリ8日目

c0112313_15464718.jpg今日は楽しみにしてきた、ベルギーブリュッセル日帰り旅行へ。列車タリスのチケットは日本で購入済み。安いチケットが買えたので、手数料も入れて往復で12000円位だったかな・・・北駅から7時55分に出発。朝早かったので、ホームもまだ薄暗いんだけど照明がなんとも素敵・・心が高鳴ります。フランスのみんなから「パスポート忘れないようにとチケットは必ず刻印機にいれるように」と言われていたので、早速実行。


c0112313_160409.jpg掲示板をみて、自分が乗る列車を探して何番ホームかしっかり確認。海外で何度か列車がキャンセルになって、右往左往したのことがあるのでドキドキする。ちゃんと定刻通り発車するようなので一安心。
自分の席も探せたし、やれやれです。国境を越える列車に乗るのは、はじめてだったので緊張する。列車はほぼ満席で、朝早いのでみんな朝食を食べながら、知らない者同士仲良くおしゃべりを楽しんでいた。なんかこの空間にいることが本当に嬉しかった。さぁ~1時間22分の列車の旅のはじまりです。

今日は朝からどんよりのお天気、雨も降り出してきた。窓の外はパリの町並みとうって変わり、一面草原が広がっています。時折お家がみえるんだけどかわいすぎる。きっとお家の中のインテリアもかわいいだろうな・・なんてことを考えていると、車掌さんがやってきました。
これまた緊張・・でも日本のようにチケットをみるだけでした。「なんだ~」って感じで一安心だったけど、まだパスポートがあるからなぁ~って考えているうちに、ベルギーに到着!!
あれあれ・・・と思っていたらもう地下鉄の乗り場にきていた。どうやらパスポートはいいみたい・・・。



c0112313_1647156.jpg地下鉄に乗りブリュッセルの中心地へ。街の中心に、ヴィクトル・ユゴーが「世界一美しい広場」と讃えたグラン・プラスがあります。ここを中心に街が広がっているので、どこに行くにもわかりやすい。観光地は小便小僧、王の家、ベルギー王立美術館などもありますが、今回はチョコレートにベルギー料理が目的だったので、観光はほどほどに一軒目のダンドワに向かいました。


c0112313_165337.jpgここは、ベルギー銘菓「スペキュロス」が有名ですが、ワッフルもおいしい。
今回たくさんのお菓子を買って帰ったけど、ここのクッキーが一番おいしかったかも・・・
クッキーもいろいろ試食させてくれて、量り売りでした。




c0112313_17231120.jpgワッフルには二種類あって、四角い形に外側がサクサク中がふんわりした食感のブリュッセル風に、丸い形で生地にザラメが練りこんであるリエージュ風があります。2階はカフェになっていて、1階は立って食べるようになっています。カフェが11時からだったので待ちきれず1階で、黒糖とチョコレートを食べました。ワッフル自体の味よりもトッピングをして楽しむと言った感じですが、チョコレートはめちゃくちゃおいしかった。こんなおいしいチョコレートソースははじめて食べたかも・・・さすがチョコレートの街♪


c0112313_1731478.jpgここはギャラリー・サンテュベールと言ってヨーロッパ最古のショッピングアーケードで、南北150mにブティックやチョコレートショップ、レストランなどの高級店舗が並んでいる。そろそろお腹もすいてきたので、Eちゃんが以前ベルギーに住んでいたお友達から教えてもらったお店に行くことにした。ムール貝で有名な「シェ・レオン」か、伝統的なベルギー料理が味わえる「オーザルム・ドゥ・ブリュッセル」かで、かなり悩んだが「オー・・・・ブリュッセル」に行くことに



c0112313_17542196.jpgお店に入った途端、ここに来たことをひどく後悔した。地元の年配者が多くて、お店の人もみんな蝶ネクタイではありませんか・・・だって私達ジーンズだったんだもん。でももう出るわけにも行かず、席に案内されたら早速おとなりのおじいちゃんににらまれるし・・・もう帰りたい・・・。
お昼のコース料理を注文したんだけど、前菜に海老のクリームコロッケのソースがけ、メインは牛のタルタル、デザートはカスタードプリン、食後にコーヒー。

これがすごくおいしくてびっくり。ただおとなりのおじいちゃんがすぐ横でじっとみてくるので、食べた気がしなかった。目があったので、にっこり笑ってみせたが完全に無視・・・デジカメなんてこわくてだせなかったので、写真一枚も撮れなかった。
最後おじいちゃんと一緒に来ていた、おばあちゃんがコーヒーについていたお菓子を「あなた痩せてるから、これを食べてもっと太りなさいね」と言っていただいたので、少しは・・・と思ったけど、やっぱり最後までおじちゃんは笑ってくれなかった。
確かに私達のように若い人は一人もいてなかったし、みんなそれなりの服装で来ていたので場違いだったんだろうな・・でも本当にここのお料理はおいしかったですよ。特に牛のタルタルは絶品でした。
Eちゃんに後で聞いたら、ヨーロッパは外からお店の中がみえない所は、高級店なんだそうです。確かに鉄格子があって中はあまりみえてなかったかも・・・


c0112313_1438935.jpgチョコレートめぐりは、ノイハウス、ゴディバ、プラネット・チョコレート、ガレ、JEAN-PHILIPPE DARCIS(写真左)とめぐってきました。写真のお店は1ヶ月前にオープンしたばかりで、日本人のスタッフの方がいてたので、いろんなお話が聞けて楽しかったです。ここのパティシエは2002年のラスベガス大会チョコレート大会で世界チャンピオンになったそうですよ。価格も5粒で、3ユーロぐらいだったのでお手ごろです。


c0112313_2042943.jpg今回は残念ながら感動的なチョコレートには出会えなかったな・・・それぞれのお店によって、味が違っておいしいんだけど、「何!!!これ~~~!!」っていう出会いはなかった。ただPassion系がおいしくて、好きになったかな・・
ピエール・マルコリー二とヴィタメールは、それほど好きではなかったので行かなかったんだけど、日本のとは味が違うらしいと後から知り、涙~~~。
17時13分発のタリスに乗り、無事パリへ帰ってきましたが、帰りもパスポートチェックはなしでした。はんこ欲しかったのになぁ~本当にこれでいいの~~~(苦笑)


c0112313_20175686.jpg今夜は日本から持ってきた、どんべいにベルギーで買ったワッフルにパン。ワッフルおいしすぎる~~私は毎日でも食べれそうです(笑)
ひとつ後悔があるとするなら、もう一回ダンドワでワッフルを食べればよかった~~~(でもランチで120%は入ってたんで・・無理だったんですけど・・・)
あ~旅を振り返るときは、そこにおいしい物があるからですよね(笑)
[PR]

by okashina-s | 2007-01-16 15:45 | 旅行

<< パリ9日目 パリ7日目 >>